今日一日を精一杯に

Jewelheart.exblog.jp

ブログトップ

どうすればいいんだろう  

2014年 10月 20日

漠然と最近思っていること。

離れて住む息子や娘にも頼られ
もちろん同居している家族のケアもきちんとやりこなしてます。

自分自身の向上のために
いろんな知識を得るための努力は惜しまず
マネーセミナーに行ったりして
勉強することも度々。

本気で頑張って勉強したら
FPになれるかもと思ったりww

現実はそんなに甘くないですよね(^_^.)

傍から見ると私は「アクティブ」に見えるらしい。
専業主婦だから
まぁ、昼間は自由に動けますしね。

観たい映画があれば
時間をうまく使って観に行きます。

多種多様な情報もネット環境さえあれば
容易く手に入るし。

でも、なんか本当に自分のしたいことをしているんだろうか。

私がやりたいことって
自分自身が満足できることって何なんだろう。

漠然と考えてしまいます。

そんなことを考えている私は
気持ち的に余裕がある証拠と言えば
否定は出来ないけど
ちょっと違うような気もする。

女同士多数で戯れるのが嫌い。
地元に帰っても
同級生に連絡も取らなくなりました。
自分のしたいことだけをして帰る。
なのに、気持ちは満たされない。

10数年前、心身辛いときに
周りから助けてもらったときのほうが
気持ち的には充実してたかな。

50になったからというわけではないけど
ある意味、気持ち的に区切りをつけたのかな。

脳を休ませる方法を探さねば。

最近、頭を使いすぎたみたい。

■  [PR]

# by fairygirl_1224 | 2014-10-20 12:57 | つぶやき | Trackback

レロー ピノ- デ シャラント   

2014年 10月 15日

昨日、1人梅田をしてきました。
と言うのも、もうすぐ健康診断は近いし
来年は久々の免許の更新もあるから
ちと視力を上げておかないとと思い
コンタクト屋さんに行ったわけです。
うちからは高槻のほうが近いけど
私のレンズは注文と言うことで
その時は、その日に受け取れなかったから
同じ系列店ではあるけど
梅田だから大丈夫かな~と期待して行ったのに
やはりダメでした。
眼球のカーブが大きいんだそうです。
特注ではないけど、在庫がないということで
後日また受け取りに行かなくては。

そして、ランチ後にグランフロントのある店のクーポンがあったので
1人お茶してきました。
そのお店のメインはお茶やデザートではなく
ワインの量り売り?の専門店。
それも全部試飲してから購入すると言うもの。
もちろん、在庫があるとは限らず
注文になったりもします。
月に数回、有料でワインセミナーも開催されているようでした。

私が1人、ホットティーとチーズケーキを食していたら
ちょいワル風のおにーさんが来て
ワインの試飲をさせてくれました。
あんなに試飲したのは初めてと言うくらい
頂きましたよ。
途中、店内も薄暗いせいか
頭がクラっとしたほどです。

そこのワインは現地の蔵元から仕入れているので
本数に限りがあり
普通の酒屋さん?では販売されていないようでした。
レストランやホテルのバー等では
3倍くらいの価格で販売されているとのこと。
フランスの晩餐会で出されるような
ワインも頂きました。
これが美味しいのなんのww

ワイン通ではない私も
とにかく美味しいのだけはわかりました。
嫌味がないというか、スーーっと心地よく喉を潤していく感じ。

その中でも印象に残ったのが表題の
「レロー ピノ- デ シャラント」
これは7年物と15年物とがあり
価格は倍以上違います。
小さな粒氷をグラスに浮かべて
そこにこのワインが注がれ
何ともいえないコニャックのいい香り。
元のコニャックは40度以上あるのですが
ワインと合わせることで
フルーティーさが入り、アルコール度数も
梅酒程度に抑えられています。
アイスクリームにかけても良し
食前酒や食中酒にも良し
1人でくつろいでいるときに
ちびちびと飲むのも良し、って感じです。

コニャックが入っているので
開栓しても、冷蔵庫で日持ちするそうです。

私が頂いたのは15年物ですが
ある方のブログによると
7年物でも、価格ほど味に違いはないとか。

買っちゃおうかなーーーwww

昨日はお世話になっている方に差し上げようと
違う白ワインは注文はしたんですが
さすがにレロー ピノ- デ シャラントは
お高くて・・・・

だけど、7年物はお手頃価格だから
買ってみようかな。

私は九州オンナですけど
焼酎は好かんと。
ホントはカクテルが好きなんですけどね。

あるお店の店長さんが書いた文章の抜粋です。


種類:ワイン
生産国:フランス

こんなお酒:ユニ・ブランを中心に、コロンバールやフォールブランシュ、カベルネ・フランやソーヴィニヨン、メルローなどが少しづつ調合されている。
濃い黄金色をしたワインで、ブーケのような芳香が魅力的。ヘーゼルナッツやハニーを思わせるコクとまろやかさが特徴。喉越しは柔らかく、全てのアロマが余韻を残す。

店長の感想:このお酒を人間に例えるなら、様々な人生経験の要素が見え隠れする深みのある美しい女性。包容力があり見た目は華やかで魅力的、たまに感じる渋みがより人の興味をそそる。そんな女性になりたいものです。


私もこんな女性になりたい・・・・

やっぱ、買おうっと!

これが安いほうの7年もの。

これは高いほうの15年ものです。
やっぱり色が違うよね。


■  [PR]

# by fairygirl_1224 | 2014-10-15 22:30 | お出掛け | Trackback

いざ福岡へ  

2014年 10月 08日

今回はJRの特別企画で
新大阪~博多までの片道新幹線が5400円と言う破格でしたので
両親の墓参りもかねて行ってきました。

博多まで行く車中って
会話をする相手もいないからか
時間が経たないんですよ。
片手に文庫本、片手に綾鷹を持っては
2時間半の間にトイレに行くこと2回。
緊張感からなんですかねw

2時間半を経て、博多に到着。
博多口の表玄関に出た瞬間
つかえていたものが取れたというか
何か分からないけど、縛られていたものから
解放された感じを実感しました。
天気も快晴、気持ちも快晴で
天神のホテルまでバスに乗って行き
荷物を預け
目的地のランチを食べに浜勝へ♪

大阪にないんです、浜勝。
地下街にあるので、少し並んで食べました。
税別650円ですよ~、チキンカツとロースカツのセットで。
ご飯もキャベツも味噌汁も漬物もおかわり自由。
ぜーーーんぶ、おかわりしましたともw
お腹、はちきれそうでしたけど。
さすが福岡のおばちゃん従業員は
機転の利く動きをするし、見ていて気持ちがいい。
大阪もセカセカしてるだけじゃなくて
見習えっつーの。
食い倒れ大阪なんて
福岡県人から見ると笑わせるぜ♪

その後はS生命のHさんと
お茶しながら、私の保険をオプションで追加。
これでガンになっても大丈夫。

そして、②のバスに乗り
いざ地元早良区へ♪
いや、ただ行きつけの歯医者さんで
歯のチェックとお掃除をしただけなんです。
そして、元同僚と最寄り駅で待ち合わせをして
飲み放題の宴会。
飲んだと言うより、喋った喋った。
お互い若くないからか
出てきた料理は美味しかったけど
完食は出来ませんでした。

翌日は薬の影響もあって
9時半までのホテルの朝食タイムに間に合わず。
目覚めたら、9時45分でした。
慌てて飛び起き、準備をして
博多駅まで行き、八幡に眠る両親の墓参りへ。
これが結構辺鄙なとこなので
自力で行くには片道1時間半かかるかな。
でも、夕方の娘との待ち合わせ時間まで
結構あったので
同じ区内に住む母方の叔母のうちへ。

welcomeって感じで喜んでもらいました。
朝から何にも食べてなー-い、と
カステラや珈琲ゼリーをご馳走になり
ここでも漫談の様に喋り倒し
叔母ちゃんは終始笑ってました。

あんたも愚痴をこぼす所がないよねぇ、と
言われたのが印象的でした。
そうだよね、以前なら母親にこぼしていた内容を
知らない間に叔母にぼやいていたようです。

夕方の待ち合わせ時間に間に合うように
博多まで戻り
娘とその夜はストップをかけるまで
勝手に食べ物が出てくる居酒屋に来店。
馬刺しや刺身盛り、カニの湯がいたのやら
減量中の娘と基礎代謝が落ちている私には
ボリューミーすぎました。
最後はたこわさや枝豆を頼む始末。
いつからこんなに食べれなくなったんだろう。

最終日は娘のウインドゥショッピングに付き合わされ
荷物を持ったままの私はもうクタクタ。
いくつのファッションビルに行けばいいんですか、って感じで
歩かされ、結局何も買わずじまい。
時期24になるのに、若者向けのラフなスタイルを好む娘。
セシルマクビーとかイングとか着なよ、と言っても
死んでもヤダ、と。
そういうのなら買ってあげたのにねぇ。

浜勝の次に行きたかったお店
「天ぷらのひらお」に行くと20人ほどの待ち(^_^.)
とっとと諦めて、岩田屋の上で天ぷらを食べてきました。
ハイ、娘も一緒です。
毎度のことだけど、いつも一番高いランチ頼むしこの子はw

そして、私は博多までのバスへ。
ここで娘とも暫しお別れです。
また、年末年始来るらしいし(^_^.)

今回は京都に旅行したときのお土産と
娘のリクエストであるガメ煮(筑前煮)ときんぴらごぼうを
手土産に持って行きました。
帰阪してからも「うめぇ、うめぇ」というメッセージが
Line経由で来ますw

帰りの車内では
ぼーっと広島辺りまでは外を見ていたけど
その後はうとうと・・・・
行きと違って寝過ごしたら
東京まで行っちゃいますからねw

たった2泊いなかっただけなのに
小3娘は逢った瞬間からベタベタくっついてきて
うっとうしいったらありゃしない。
これが現実かぁ~と目が覚めました。

毎度のことですが
福岡に行くのは楽しいし
実際に行っても気持ち的に違います。
でも、夜私が帰るのはホテル。
私のテリトリーじゃない場所。
ユニットバスでシャワーを浴びていると
なんとも寂しさを感じます。

でも、帰れるうちは帰って
墓参りもしなきゃ。
逢える人にも逢わなきゃ。
暫し、1人の女性に戻って
慌しくはあるけど
自分のやりたいように時間を使っています。

今更ですが
そうさせてくれる相方には
口では言えないけど感謝してます。

笑顔で送り出して、笑顔で迎えてくれるから
気持ちよく地元に帰れています。

次はまた来年の春。
母の命日前後に行こうかな。



■  [PR]

# by fairygirl_1224 | 2014-10-08 10:24 | お出掛け | Trackback

株は難しい(^_^.)  

2014年 10月 01日

ある人の影響を受けて
株をやってみようと
証券会社5社に口座を開いたわけだけど
これが半分も意味が分かってないかもしれない状態。
う~ん、もっと若い時に
始めておくんだったかな。
ちょっと後悔(T_T)

元・銀行員だったため
その性癖?みたいな物から中々抜けられず
所謂「元本保証」以外の商品には
なかなか手をつける勇気がなくて・・・

石橋を叩き壊すほどしないと渡らない性格が
邪魔をしたようですw

それでも、生の声を聞き
いろいろと刺激を受けると
本来の血が滾って
行動に移すんですよね。

でも、やはり株は難しい。
「ド素人のための株入門口座」でも
どこかやってくれないかなぁ。
先日、グランフロント大阪で開催された
資金運用セミナーに行ってきたけど
やはり銀行主催だからか
投資信託が中心でしてね。
投信ならもうやってるから
8割方、理解できてるんですよ~。

で、昨日ある新規公開株の抽選が始まったので
いざ!って感じで
取り扱っている証券会社にログインしたら
申し込みが出来ない。
なんで?
まずは申し込み、そして抽選に当たったら
お金を入金して買うんじゃないの?
私はそう思ってました。

それが見事に違ったんですねw
意思表示として、まずは買えるだけの
お金を証券会社の口座に入金しないといけないのでした。
そんなことさえも知らずに
IPO株獲得に躍起になっていた私。
今考えれば、赤面モノです。

午後から外出予定があったので
早速ゆうちょに入金処理をしました。
で、自宅に戻り
最有力候補の証券会社の申し込みを無事終えました。
そして、2社目に入金処理をしようとすると
ゆうちょのサイトでエラー(^_^.)
なんで???
「1日の振込限度額は50万までです」だって(´_`。)

えーーーーー、今日はもう出来ないってこと?
早速メールオーダーで
限度額を引き上げる手続きを郵送で準備。

そして、今日。
入金処理も何とか無事終了。
手数料っていくら取られるんだろ。
まだ、当たってもないんだけどw
明日は昨日申し込みをした証券会社に
入金をしなくては。
ここは先に申し込みが出来たんですよね。
10/3までが申し込み日だから
ギリギリだわ。

うーん、頭痛くなってきたww

頼みの綱のFさんは
ここ1ヶ月バリに行っていないしなぁ。
実はこの人が私の資産運用に火をつけたんですけどね。

最後までちゃんと責任取ってよねw

目標は小さいんです。
先日買った冷蔵庫代を稼ごうかなとw

ただ、そうそうIPOの抽選なんて当たらないだろうから
気長に焦らずやろうと思います。

そうそう、来年からは
NISAの金融機関が変更できるので
メインバンクに変えて
銀行のビビたる利息しかつかない積立預金よりも
投信積み立てにしようと息巻いてるとこです。

こんなに家事も出来て
資産運用にも意欲的で
お肌の手入れも欠かさない奥さんを
手に入れた相方が一番儲けてたりして(^・^)

自画自賛、で失礼w




■  [PR]

# by fairygirl_1224 | 2014-10-01 11:00 | お金の話 | Trackback

恋バナ  

2014年 09月 28日

10代の頃は見てくれだけの好みで
あの人カッコイイ、とか
私のタイプ、だとか言って
友達との会話のネタとして盛り上がってました。
なので、「あなたの初恋はいつ?」と聞かれても
私には答えようがありません。
「初恋」の定義がイマイチピンとこないから。

単純にパッと見で「好き」と思ったときなのか。
心が苦しくなるほど恋心を抱いたときなのか。
もし、前者なら幼稚園のときの高橋クンだし
後者なら、チョコレートを中学のときに
同級生に一度だけ上げたことがあるけど
心は苦しくなかったから、それは違うとして・・・

やはり、近所に住んでいた9歳年上のおにーちゃんになるのかな。
今、思えばね。

ラブレターとまではいかないにしても
自分の気持ちを便箋に綴ったものを
朝、バス停で渡したのは
後にも先にもそれっきりだから。
それは高校の時。

その後、たまたま下校途中に
街中で呼び止められたけど
振られるのが怖くて
全力で走って逃げました。
伝えるだけでよかったんだろうな。
両思いになるわけない、相手にされるわけない。
私が小学校の頃からの私を知ってるんだもの。

近くの公園でたまたま逢ったときは
バドミントンをしたり
新車を買ったからと、乗せてくれて
お好み焼きを食べに連れて行ってくれたり。
私もお菓子を作ったからと
何度試食だと言い張って持っていったかな。
「おいしーい」と言って食べてくれただけで満足でした。

そのおにーちゃんも
もう還暦前だよなぁ・・・
ふと、思い出して笑うことがあります。

それから、結婚をすっ飛ばした後のことだけど
30代半ばごろに
純粋にその人の人柄を好きになったことが何度かあります。
久し振りに苦しい思いを味わいました。

あれから、10数年。
今なら冷静に当時のことが語れるし
じゃあ、気持ちはもうその人に対して残っていないかと聞かれれば
返事に困るかな。
そう、簡単に忘れられる相手ではなかったから。

でも、思い出って美化されて心に深く残るから
このまま墓場まで持っていくのが
結果的には幸せなのかなと最近は思ったり。

ちょっと前までは
逢いたいと思ったこともあったけど
逢ったところで、どうしようと言うわけでもナシ。
逆に幻滅して(されて)しまったら
美化された思い出が一瞬にして・・・・ですもの。
逢わないほうが幸せってこともあるんだろうなと思ってます。

純粋な恋愛はもう卒業ですね。
かと言って駆け引きや遊びも
ガラじゃないから。

未だに方向性は決まらないけど
毎日が悔いなく楽しく送れるように
行動に移さない恋心は持ちつつ
これからの時間が過ごせたらと思います。


■  [PR]

# by fairygirl_1224 | 2014-09-28 12:44 | 昔話 | Trackback

< 前のページ 次のページ >